歯科矯正
ちどり歯科医院

富山県富山市公文名16番地
富山地鉄上滝線 大泉駅

▼矯正歯科の診療時間
【月・火・水・金】9:30~18:00
【土】9:15~17:30
【日】9:30~17:00
※日曜日は、月1~2回診療

▼矯正歯科の休診日
木・日(月1~2回診療有)・祝日

▼一般歯科の診療時間
【月・火・水・金】9:00~17:00

▼一般歯科の休診日
木・土・日・祝日

矯正歯科と一般歯科で診療時間が異なります。
※最終受付は、30分前までです

矯正歯科の専門医 JSOオフィシャルサイト

TOP >  治療症例 >  大人の矯正

大人の矯正

院長からのメッセージ

当医院では矯正のメリットばかりをWEBサイトで伝えることは良くないと考えています。医療ですから、リスクもあります。矯正もデメリットやリスクがあり、このページではこれらのことにも触れて説明したいと思います。数年後のメンテナンスで患者様に「あのとき、矯正をやって良かった!!」と言ってもらったとき、矯正医としてなによりもうれしいことです。そう思っていただけるよう、しっかりとリスクやデメリットについてもご説明しますので、どうぞ理解ください。

大人の矯正のメリット・デメリット

メリット

成長による制限を受けない

大人はあごの成長が止まっていますので、あごや歯の成長を予測しながら治療計画をたてなければならない子供の矯正よりも治療計画を立てやすくなります。

治療計画通りに進められる

矯正治療には、装置の手入れやゴムかけなど、患者様自身に協力をいただかなければ治療が進まないことがあります。子供よりも大人の方のほうが協力を得やすく、最初に立てた計画通りに治療が進みます。

デメリット

抜歯を必要とする場合があります

大人の矯正では、歯を並べるためのスペースを確保する際に、子供の矯正のようにあごの成長を利用することができません。歯を並べるためのスペースが不足している場合は、抜歯によってスペースを確保しなければならないことがあります。

子供の矯正より時間がかかります

矯正治療は、歯周組織の吸収や再生(骨の代謝機能)を利用して歯を動かす治療です。大人は子供よりも代謝機能が低いため、歯を動かすのに必要な期間が子供よりも長くなります。

子供の矯正より費用がかかります

大人の矯正は子供の矯正よりも治療期間が長くなるため、治療費が高くなります。

矯正治療のリスクについて

歯根吸収について

矯正治療を受けるリスクとしてしばしば「歯根吸収」が挙げられます。文字通り、歯の根が吸収されて短くなってしまうことで、歯を動かすと少なからず歯根吸収が起こります。
しかし矯正治療によって起こる歯根吸収はごくわずかで、歯がグラグラするほど重症になることはありません。

顎関節症について

大人になってから矯正治療をすると顎関節症になる、というのもよく挙げられるリスクです。永久歯が生えそろったばかりのお子様はともかくとして、20代以上の成人の方は、歯並びが悪くても悪いなりにかみ合わせが確立していますので、矯正治療で歯並びを変えることで顎関節症のリスクが高くなると考えられるのも無理はないと思います。

しかし、矯正治療はただ単に歯並びを変えるだけの治療ではありません。経験を積んだ矯正歯科医であればかみ合わせも考慮した治療計画を立てますので、逆にあごの痛みが改善されたというケースもあるくらいです。
矯正歯科医の見極めが重要になりますが、矯正治療をしたから顎関節症になるわけではありません。

なぜ抜歯が必要なのか?

大人の抜歯・非抜歯の問題

検査の結果、抜歯する必要があると伝えますと、皆さんがびっくりした顔をします。そして、なぜ?というご質問を受けます。単的に申しますと、抜歯せずに歯並びをきれいにすることはできます。しかし、それでも抜歯するのは、特に横顔の美しさに治療結果の差が出るからです。
出来るだけ理解して頂けるよう簡単なモデルで説明したいと思います。

顎の大きいAさん

あごが大きいAさんは、16本の歯がきれいに並んでいる。

顎の小さいBさん

Bさんは歯の大きさはAさんと変わらないものの、顎が小さいので、図のように並んでしまう。※叢生などの症例がそうです。

BさんもAさんのように歯を並べたいが、顎が小さいため歯がならぶスペースがない。
その際の解決方法としては3つあります。

    1. 抜歯する
    2. 顎を拡大する
    3. 歯を削って歯を小さくする

1.抜歯をする方法

健康な歯を抜歯しなければなりません。

2.顎を拡大する方法

十分に顎を拡大されず、歯が並びきらない場合があります。その場合は通常歯が並ぶ場所の外側に歯を並べるため、口元全体が突出して見えることがあります。

3.歯を削って小さくする

歯を削ってスペースを作ります。削ることにより、エナメル質が失われますので、歯の輝きがなくなる恐れがあります。

抜歯、非抜歯それぞれの解決法について

それではそれぞれの解決法について詳しくご説明していきます。

抜歯をする

非抜歯治療の場合は、本来ならぶべき場所の一回り外側に歯を並べます。歯はきれいに並びますが、口元全体が突出して見える事があるのはそのためです。当院では、理想通りの美しい口元や横顔を目指すなら、抜歯をおすすめすることが多くなってしまいます。もちろん抜歯なしで美しく治療できる場合もあります。2年以上もがんばって矯正装置を装着し、何度も通院していただき治療に臨むのですから、かみ合わせの機能と歯並び、プラス美しさも同時に手に入れていただきたいと考えています。

顎を拡大する

上顎の真ん中には口蓋縫合という左右の骨の継ぎ目があります。この上顎骨は薄くて柔らからい骨で、また特に15,6歳ぐらいまではこの継ぎ目が癒合していないので、そこを利用して、人工的に骨折させるよう徐々に拡げていきスペースを作るのがこの方法です。顎を大きくするという観点からすれば、有効な手段といえましょう。
しかし、柔らかくて薄い骨だからといって、このような骨の変形を伴うことが、長期的にみてどのような影響があるかはまだわかっていない部分があります。

歯を削って小さくする

歯の表面はエナメル質ですので、削ることにより輝きが失われますし、つるつる感もなくなります。上の前歯は特に目立つところですのでおすすめできません。下の歯でしたら、削ることにより最大4mm前後のスペースを確保することができますが、矯正歯科を受診されようという患者様にとっては大きいスペースとはいえません。

院長からの一言

「非抜歯で治療してみてから、ダメなら抜歯で・・・」という場合もありますが、その場合、歯の移動にかける負担は増えるため、歯根吸収が大きくなるリスクも予測されます。
私は矯正のプロとして、治療のゴール、つまり、どのような仕上がりになるかを患者様に明確にお伝えし、最前の治療方法をアドバイスすることがプロとして重要であるとも考えています。
※上記はあくまでイメージモデルであり、実際には、精密検査をしたうえで、お話を伺いながら治療方針をたてご説明し、治療をしてゆきます。(私(院長)も決して、無駄に健康な歯を抜きたいなどと考えているわけではありません。)

矯正前と矯正後の顔貌変化

鼻とおとがいの線を結んだラインをEラインといいます。このラインが唇につかずにまっすぐに伸びていると美しい横顔と言えます。当院では正面から見た美しさも当然ながら、横顔の美しさも考慮しながら治療を行っております。

治療前は、突き出した下唇がEラインに当たっていましたが、矯正後すっきりとした美しい口元になりました。顎のラインがくっきりと見え、下がり気味だった口角があがっていますね。

左の写真では、上唇がEラインついていましたが、矯正後は上唇が引っ込み、下唇もわずかにEラインに触れる程度になっています。少し下がっていた口角がきゅっと上がっています。

左の写真では、上下の唇がラインにかぶっていましたが、矯正後はわずかにかぶる程度になりました。

大人の矯正治療費の目安

ちどり歯科医院の矯正治療費です。

具体的な治療費については、お口の状態や使用する装置の種類、治療期間によって異なりますので、診断時に詳しくご説明しております。

※治療費は税込みです。総額は消費税率の改正に伴って変動いたします。

相談料・検査料・診断料

相談料 3,240円 初回のみ
検査料 32,400円 初回のみ
診断料 無料

矯正治療費

部分矯正 32,400円~ 治療部位、本数等により異なります
大人(永久歯列)の矯正 648,000円~1,080,000円
(おおよそ80~90万円が一般的です。)
動的治療期間の目安は約2年です
インプラント矯正 864,000円~1,296,000円 固定源としてインプラントを使用する矯正治療です

全体を矯正するか、部分矯正にするかは患者様とご相談の上決めていきます。ご希望をお伝えください。

  
×