歯科矯正
ちどり歯科医院

富山県富山市公文名16番地
富山地鉄上滝線 大泉駅

▼矯正歯科の診療時間
【月・火・水・金】9:30~18:00
【土】9:15~17:30
【日】9:30~17:00
※日曜日は、月1~2回診療

▼矯正歯科の休診日
木・日(月1~2回診療有)・祝日

▼一般歯科の診療時間
【月・火・水・金】9:00~17:00

▼一般歯科の休診日
木・土・日・祝日

矯正歯科と一般歯科で診療時間が異なります。
※最終受付は、30分前までです

矯正歯科の専門医 JSOオフィシャルサイト

TOP >  治療症例 >  大人の矯正 >  下顎前突(反対咬合/受け口)の治療例

下顎前突(反対咬合/受け口)の治療例

下顎前突(かがくぜんとつ)とは、下の歯の方が上の歯よりも前に突き出た状態のことです。反対咬合(はんたいこうごう)・受け口(うけぐち)とも言います。

治療前

下顎前突(反対咬合/受け口)の治療例 治療前

こちらの患者様は奥歯をかみ合わせると、上の前歯がほとんど全部下の前歯の内側に隠れてしまうほど重度の下顎前突でした。横顔の口元も、下顎が上顎より前に突出しています。
矯正治療で上顎を前に出して行きますが、内側に傾いている下の歯も治療が必要なため、歯を動かすためのスペースを確保しなければなりません。上下左右の第一小臼歯(右側の写真の×印)を抜歯して矯正治療を開始しました。

治療後

下顎前突(反対咬合/受け口)の治療例 治療後

上下の歯がきれいに並び、横顔の口元の突出も改善されました。歯並びがきれいになるだけではなく、横顔もきれいにするのが大人の矯正治療です。

  
×