歯科矯正
ちどり歯科医院

富山県富山市公文名16番地
富山地鉄上滝線 大泉駅

▼矯正歯科の診療時間
【月・火・水・金】9:30~18:00
【土】9:15~17:30
【日】9:30~17:00
※日曜日は、月1~2回診療

▼矯正歯科の休診日
木・日(月1~2回診療有)・祝日

▼一般歯科の診療時間
【月・火・水・金】9:00~17:00

▼一般歯科の休診日
木・土・日・祝日

矯正歯科と一般歯科で診療時間が異なります。
※最終受付は、30分前までです

矯正歯科の専門医 JSOオフィシャルサイト

TOP >  ちどり歯科医院の矯正治療 >  オーダーメイドの矯正治療

オーダーメイドの矯正治療

当院の矯正装置(テクニック)は、主に、ワイヤーを三次元的に曲げ、患者様の歯を一本一本動かしていくフルオーダーメイドの “スタンダードエッジワイズ法”です。

矯正装置(テクニック)について院長の考え

矯正の装置やテクニックには、様々な方法がありますし、現在も新しい装置や技術は学会などでも発表されています。また、患者様からどのような装置で治療するのか?という質問も数多く頂きます。もちろん、私も矯正専門医を自負していますから、それなりに勉強はしているつもりです。

しかし、原点に立ち戻って考えた場合、重要なことは、どのような装置やテクニックで治療をするかではなく、「結果」なのではないでしょうか?

つまり、矯正の装置やテクニックはプロセス(過程)に過ぎず、重要なことは結果(治療のゴール=治療の仕上り)が、どうたったか?ということが一番重要なのではないかと考えています。

このような観点から、私はスタンダードエッジワイズ法という方法で治療をしています。この治療方法は、一人一人に合わせた矯正装置を院内で作っていく方法です。装置をつくるのに時間もかかりますし、何より、患者様に的確にあった装置をつくるための技術力や経験が必要です。ですが治療のゴールを考えた結果、私はこちらの装置で治療を行うことにいたしました。

※自分の技術や経験をひけらかしたくありませんが、仕上がり(結果)で見た場合、それだけ結果の出せるテクニックなのです。

尚、スタンダードエッジワイズは、良好な結果を出すにはベターなテクニックですが、「矯正装置が見えてしまう」「取り外しが出来ない装置」であることも事実です。

どうしても「見えない矯正装置で治療したい!」「取り外しできる装置で治療したい!」という方がいらっしゃれば、個別にご相談ください。

オーダーメイド矯正とは

矯正治療は、理想的な歯列・正しいかみ合わせをゴールとして患者様の歯を配列(はいれつ:順序を決めてきちんと並べること)する歯科治療です。あごや歯の大きさや歯列の状態、不正咬合の程度は患者様によって一人ずつ異なるため、歯を動かす程度や順番も、患者様によって一人ずつ異なります。
当院で用いている矯正テクニック・スタンダードエッジワイズ法は、患者様の歯列弓や歯並びに合わせてワイヤーを曲げ、歯が動く段階に合わせて細かく調節を行う、いわば“オーダーメイド”の矯正治療です。

スタンダートエッジワイズ法の仕組み

矯正治療は、弱い力が連続的に与えられることによって起こる歯周組織の「吸収」と「再生」を利用して歯を動かします。歯に一定の力を与えるためにワイヤー(アーチワイヤー)の弾力を利用するワイヤー矯正のテクニックのひとつが「スタンダードエッジワイズ法」です。

左は、スタンダードエッジワイズ法のワイヤーを上下の歯列に装着したところです。歯並びに合わせてワイヤーがでこぼこと曲がっているのがスタンダードエッジワイズ法の特徴です。

ただ歯列弓に沿ってワイヤーを曲げてあるだけでなく、歯の大きさや傾き、歯が動く力が働く方向等の情報を読み取り、歯の動きに合わせてその都度適切にワイヤーを曲げ、歯がきれいに並ぶように適切な矯正力を歯に伝えて行きます。

このようにスタンダードエッジワイズ法は、患者様に合わせた細かい調節を行うための高い技術力が必要となり、治療を行う歯科医師が矯正治療の経験を十分に積むことが求められますが、仕上がりの良さ(治療の質)については、他の治療法よりもずっと優れていると考えられるため、当院ではスタンダードエッジワイズ法による矯正治療を行っています。

オーダーメイド矯正に必要とされる技術力

“スタンダードエッジワイズ法”はオーダーメイドの矯正治療法であるがゆえに、治療にあたる矯正歯科医の技術によって、仕上がりが大きく左右されます。

したがって、十分な矯正臨床経験がある歯科医師を選ぶことが重要です。
これから治療を任せようとする歯科医師が、十分な技術力を持っているかどうかを事前に判断することは非常に難しいことですが、参考となるポイントをいくつかご紹介します。

矯正歯科の専門的な教育を受けている

矯正歯科は、専門性を問われる歯科治療です。現在の日本の医療法では、歯科医師の資格さえ持っていれば、矯正歯科の専門的な教育を受けていなくても「矯正歯科」を標榜することができてしまいます。

ホームページで矯正担当の歯科医師の経歴をチェックし、矯正歯科の専門的な教育を受けている歯科医師を選ぶと良いでしょう。
大学の矯正歯科での勤務、矯正歯科専門医院(●●矯正歯科、歯科矯正××など)での勤務、矯正歯科の専門医の認定を受けている(認定医ではなく専門医です)・・・などであれば、ある程度の専門的な教育を受けていると考えて良いと思います。

治療を担当する歯科医師が、「矯正専門」である

虫歯治療も歯周病治療もインプラントも何でもやるという歯科医師より、矯正治療を専門的に担当している歯科医師の方が矯正治療の経験が豊富と考えられます。
また、装置の破損などのトラブルに即対応できるかどうかも大切となりますので、矯正専門の歯科医院か、一般歯科なら「矯正歯科担当」の歯科医師が常勤している歯科医院を選ぶことをおすすめします。

矯正治療についての説明をきちんとしてくれる

矯正歯科の治療にはさまざまな治療法がありますが、ある特定の治療法のメリットだけしか説明しないようであれば要注意です。
例えば矯正治療では特に「抜歯」について悩まれる患者様が多いですが、「抜歯をしない」ことが必ずしも最適な治療法とは限りません。きちんと教育を受けた矯正歯科医であれば、抜歯をすることのメリット・デメリット、抜歯をしないことのメリット・デメリットを全て説明した上で治療法を提案してくれるはずです。
治療を始める前に、ひとつだけではなく、複数の歯科医院で矯正治療のカウンセリングを受けられることをおすすめします。

きちんとした治療計画を立てられる

経験を積んだ矯正歯科医であれば、歯をどのように動かし、どのくらいの期間でどのような結果(ゴール)に導くかという「治療計画」をしっかりと説明できるはずです。適切な治療計画を立てるためには、CT撮影を含めた精密検査を行うことが必要になりますが、頭部エックス線写真(セファロ)の撮影などは行っていますか?きちんとした検査を行い、きちんとした治療計画を立ててくれるかどうかも、良い矯正歯科医選びに欠かせないポイントです。わからないことがあれば、わかるまで説明を求めると良いでしょう。

  
×